読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

四方山超特急

私は大学生。就活に生きる大学生。

とあーる金融の話

ぼくてぃんの就職活動を揺るがす一大面接があったのさ

とある金融機関の2nd?3rd?面接

 

相手は支店長に相当する壮年の端正な男性

 

開始10分

「君さぁ、本当は金融志望じゃないでしょ。全然勉強してないじゃん」

バ、バレた…いやまだ俺の考えを伝えきれていないだけ…

「困ったなあ…これじゃお話にならないよ。」

むむっ…

「君さぁ、何のために就活やってるの?そんなんじゃ、ニートになったほうが幸せじゃない?」

もう帰りたい…

 

頭がくらくらして、俺自身も何を言っているのか分からなくなってきた様子を見て、支店長は優しく声をかけてきた。

「僕にもさあ、君ぐらいの子供がいるんだ。」

「だから君のことが心配になって、だからこうやって言ってるんだよ。」

「今すぐ君自身を見つめなおしたほうがいい。」

 

やめてくれよ…

急に優しくすんなよ…

 

泣くだろおおおおおおおおおおおおおおおおおお!

面接で泣かせんじゃねえよ!

圧迫面接じゃ泣かねえよ!傷口にぶっとい飴ねじ込まれたから痛くて泣いてんだよ!

帰りを案内してくれた若手リクルーターが僕のことを心配してくれたらしいがもう知らん。

 

はい。終了しました。

これで、リク面は4/6を消し去りました。

これで肩の荷が下りた気がするな。

 

次いくぞーうらー