読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

四方山超特急

私は大学生。就活に生きる大学生。

エマニュエル・トッド

人文科学及び社会科学に明日はあるのだろうか。

そんな文系の悩みに、ある明確な答えを見出してくれる存在。

家族制度の分析からその国の方向性を予見し、未来を描く男、エマニュエル・トッド

彼の仮説を全て受け入れるのは愚かもしれないが、彼の思考法、方法論はあらゆる分野に応用できるだろう。

特に人文系、社会学、政治学を志す我々文系は彼から学ぶ部分はあまりにも多いのではないだろうか。