四方山超特急

私は大学生。就活に生きる大学生。

愛、おぼえていますか

ずいぶん前の話である。

千葉と北海道の間で細々と続いていた遠距離恋愛は、ちょうど七夕の日に完全に終わりを迎えた。

「皮肉だね。」

電話越しに笑いかけたけど、返事はなかった。

 

始まりは略奪だった。

僕たちは研修を抜け出して、たびたび2人だけの小旅行に繰り出していた。

「彼氏がいようと関係ない。君が本当に好きな人と一緒にいるべきでしょう。」

そんなようなことを言って口説いたが、1年間の交際で顔を合わせたのは実質30日程度だろう。

2週間ほど悩んだ末に、彼女は婚約者に電話で別れを告げた。

近視眼的な正確だったので、本当に本能のままに行動していたのだと思う。

その点では僕より若かった。彼女は”今”しか見ていなかった。

「捨てられるのが怖い。」

最初のころの彼女は度々そう呟いた。

僕は偏執的ともいえる愛情をもって、その不安を取り除こうと躍起になっていた。

 

研修が終わると、僕たちの間には1000キロの距離が開いた。

「会いに行く乗り物が自転車から飛行機に変わっただけだ。」

僕はおどけ、彼女もうなずいた。

月に1回会うのが、とにかく楽しかった。

生まれて初めてその大地を踏んだ北海道だったが、2人だけしかいないような、おとぎ話の世界のような感覚だった。

僕たちは限られた時間で様々な場所を冒険し、思い出を作り、たくさん喧嘩し、それ以上に笑い転げた。

 

会えないときは毎晩電話をしていた。

思い通りにならないときは彼女を困らせるような嫌味を言ってしまったこともある。

彼女はとにかくよく泣いた。

職場の上司が苦手という話だった。

僕は彼女が泣き止むまで電話口で愚痴を聞き続けた。

「心がつらい。仕事も辞めるかもしれない。」

付き合って1年弱が経とうというころ、彼女は思いつめた様子でおんおん泣いている。

「専業主婦やっていいよ。こっちで一緒に暮らそう。」

常々、僕は軽々しく結婚という言葉を口にしていたが、実際に本気だった。

婚約破棄させた負い目は関係なく、本心から結婚したいと思っていた。

ただ、普段なら満面の笑顔でプロポーズに応対する彼女が、

その時から、殊更ひどく泣くようになっていた。

 

最後のデートは夕焼けの海浜公園だった。

海岸沿いの岩場で立ち止まった彼女は、やはり顔をくしゃくしゃにして泣いていた。

抱きしめるしか能がない僕の腕の中で、彼女の心が思った以上に遠ざかっていることに気づいてしまった。

 

その後の顛末は予想のとおりだ。

1か月弱が経った頃、メールで別れを告げられた僕は、一路北海道に飛んだ。

その晩、僕たちは最後の夜を過ごした。

もはやそこには愛はなかった。

泣く以外に感情の表現方法を失ってしまった彼女の背中をさすりながら、僕はこれからのこと、これまでのことを考えていた。

 

改めてフラれたのはそれからまた1週間後だった。

電話口で話す彼女はまるで憑き物が落ちたかのように、朗らかにしゃべっていた。

僕が惚れた彼女に久しぶりに会ったような気がした。

彼女は、ストレスの原因が他ならぬ僕であったこと、北海道に来られた時は死ぬかと思ったことなど、僕に気遣うことなく明け透けに語った。

「まぁ、楽しかったよ。早く次の彼氏作れよ。」

我ながら精一杯の虚勢は張れたと思う。

 

電話を切ったのは午前3時だったが、

ようやく眠りにつけたのはその7時間後のことであり、

別れたことを認識するにはそれから3か月かかり、

こうして振り返ることができるまで6か月かかった。

 

たとえ彼女が忘れても、僕は忘れない。

たった1年間だけど、その恋愛は大冒険だった。

結婚という通過儀礼

先日、小学校から知る同級生が結婚するということで内祝いに行ってきた。

合コンで出会ってから2年で結婚するらしい。

同級生より2個年上というが、感じも良いし、きれいな人だ。

実に喜ばしいことだと思う。

 

だが、同級生のことはの僕のほうがよく知っている。

僕の方が彼と結婚すべきではないか?

良く知り合う者同士が結婚するべきだ。

 

翻って、僕は今年で28歳を迎える。

30前半で子供がほしいなと思っていたので、もうそろそろタイムリミットだ。

レフェリーも時計を気にする時間帯である。

だが、果たして焦るような状況なのだろうか。

 

実は今、付き合って3か月の彼女がいる。

ただ、絶対に結婚はしないと決めている。

理由はいろいろあるが、ともかく結婚はしたくない。もはや惰性である。

次の彼女とは結婚を意識しながら付き合いたいと思っている。

 

合コンやら街コン、相席なんかで出会うポッと出のお姉ちゃんとこれから数十年身を寄せ合って生きていくことを考えると寒気がしてくる。

だめだw

とりとめがなさすぎる

2018年の展望

シフト勤務なので、孤独な時間が多い。

同僚の中では孤独な時間をかなり有用できている方だという自負がある。

読書・街歩き・一人映画・喫茶店巡り

これらの趣味は自身の様々な欲求を充足する上で非常にコスパの高い趣味となっている。

最近あたらしい彼女と遊んでいて、少し束縛間を抱くときがある。

2017年の反省

2017年を振り返ってみようと思う

 

シフト勤務の関係で、新年は実家ではなく下宿先で過ごした。

人生初めての経験だが、なんてことはない。

 

7月には人生の伴侶とも思っていた女性との別れを経験した。

そこから半年間は本当に抜け殻のようになっていて、他の女の子とも遊ぶんだけど、何かと元カノと比べたりして空虚な日々を過ごしていた。

1年を振り返って真っ先に彼女のあことが出てくるなんていかにも軟弱だなぁ、と思う。

仕事の方は同じく7月から新しい業務を任されたりして、役付きに頼りっぱなしで、最低限の仕事を何とか行っているという感じ。

同僚の方々からは愛されてもらっていて、今は最高の職場だと思う。

収入はもっぱら書籍購入費に使っている。

実用的な本はせいぜいTOEIC関連なので、他は世界史だったり、地理だったり、完全に趣味の世界だ。

書いていて思ったんだが、ミクロな部分しか見えなくなってないか?

まだ大学生の方が、将来の展望なんかも頭の片隅にでも描いていた気がする。

日々の業務と、有効な休日の過ごし方への強迫観念のせいで明日以降、週単位・月単位まで考えが及ばなくなっていないか。

2017年の自身に関して、これほどまでに振り返ることが困難だったことに絶望したところで一旦、筆をおきたい。

エマニュエル・トッド

人文科学及び社会科学に明日はあるのだろうか。

そんな文系の悩みに、ある明確な答えを見出してくれる存在。

家族制度の分析からその国の方向性を予見し、未来を描く男、エマニュエル・トッド

彼の仮説を全て受け入れるのは愚かもしれないが、彼の思考法、方法論はあらゆる分野に応用できるだろう。

特に人文系、社会学、政治学を志す我々文系は彼から学ぶ部分はあまりにも多いのではないだろうか。

好きな国

1位 中国

2位 トルコ

3位 イラン

4位 アメリカ

5位 ドイツ

日本以外でね(相対的な評価などできるわけがない

5位 世界史を動かす台風の目。常軌を逸した国民性。19世紀以降、世界を混乱に陥れ続ける問題児っぷり。

4位 現代社会の全てがここに収縮されている。アメリカがわかれば世界がわかる。

3位 中東の雄。混乱の歴史の中で、イラン人、ペルシャ人とは何かを常に創り続けているイメージ。

2位 ドイツより歴史長く世界を引っ掻き回し続けた国。世界史の名バイプレーヤー。復古主義的な国民性も大好き。

1位 アジアの中心。全てが大味である。ポテンシャル半端ないのに使い方が下手な感じが可愛い。