読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

四方山超特急

私は大学生。就活に生きる大学生。

好きな映画ランキング

1位 インターステラー

2位 バックトゥザフューチャー

3位 大脱走

4位 ラ・ラ・ランド

5位 (500日の)サマー

6位 オールドボーイ

7位 ソーシャルネットワーク

8位 セッション

9位 シン・ゴジラ

10位 14人の怒れる男

 

10位 ディスカッションのすばらしさ、14人に一部の無駄もない脚本の妙を見せられた。真実にたどり着こうとする姿勢はとても尊い

9位 うんこ量産機と化していた日本の映画産業が可能性を見出した傑作。ゴジラを題材に、その宿命である天災に立ち向かう日本と日本人をよく描いた。

8位 高みを目指すまでの狂気を描いた傑作。

7位 見せ方、編集技術は屈指だと思う。何が面白いのか説明するのは非常に困難だが、

6位 韓国映画独特の気味の悪さが日本原作の漫画を大傑作映画に昇華させた好例。邦画でこのクオリティ(主にグロテスクさ)を作り出すのは困難ではないだろうか。

5位 無情にフラれた経験を持つ男なら誰しもが共感を持てる映画なのではないだろうか。女というのはかくも薄情で、身勝手で、それでいて魅力的なのである。

4位 夢を叶えるためには何かを犠牲にしなくてはならない。犠牲にした未来は夢でしか見ることができない。2つの夢を描いた傑作。傑作と呼ばれたセッションの次作で前作を超えてしまう監督の才能を垣間見た。

3位 愉快痛快。3時間の大長編のくせに一切の無駄なし。個人的にはボートでのゆったりした独瑞国境突破が大好き。

2位 エンタテイメントの高み。それ以外に語る必要があるのだろうか。

1位 ”時間”という概念の残酷さ。